キャッシングの利用枠の決められ方

キャッシングを提供している金融機関は多数あり、それぞれ利用可能枠の最大がいくらであるのか表示されています。高額の借り入れを検討している場合には重要になる要素ですが、申し込みの際に希望すればその金額まで借りられる、と言う意味ではないのでどのように決められるものなのか把握しておかなければなりません。勘違いしたまま申し込んでしまうと必要な金額を借りられないこともあるので注意しましょう。
また、消費者金融や信販系の金融機関では総量規制の対象になるので最大でも貸金業者全体で年収の3分の1までしか借りられませんが、銀行であればそれ以上の借り入れもできる違いがあります。
新規契約したときの枠が少ないことも多いですが、後から増額もできるのでその際の注意点も把握しておきましょう。

金融機関と利用者の信用で決められる

キャッシングは用途が自由になっているので無計画な利用をされやすく、使い過ぎて返済が困難になるケースがあるため、金融機関は貸し倒れが起きることを警戒しています。そのため、利用者の信用性によって安全であると考えられる枠を設定するので、利用可能な最大額が高い金融機関でも新規に契約するときはまだ信頼関係がないので低くされるのが一般的です。
例えば年収が450万円で他に全く借り入れのない人が消費者金融に120万円の枠を希望して申し込みを行った場合、総量規制にはかかっていませんが就業状態や家族構成等で返済能力が不十分と判断されると審査に落とされます。銀行は総量規制の対象外ですが、同様に信用で決めているので目安として年収の2分の1を超える金額を希望すると通りにくいです。

契約後でも申請して増額もできる

新規契約の際に設定された金額では不便に感じる場合には増額の申請を行い、審査に通れば枠を増やすこともできます。ただし、このときも信用が重要になるので申請しただけで通るものではありません。
増額の方法に明記のない金融機関もありますが、基本的に半年間は延滞などの問題を起こさないようにして借り入れと返済を続け、実績を作ってから申請すると信用を得られて許可が出るようになります。
なお、利用を続けていると金融機関から増額の勧誘が来ることがありますが、この後が申請する最も適したタイミングです。既に信用を得られており、他社へ流れるのを抑えるために契約条件を良くできるとする通知なので確実性が高くなります。勧誘が来なくても半年以上の利用があれば申請はできますが、高額になるほど落ちやすくなるので注意しましょう。

ピックアップ記事

信用情報が残るキャッシングの返済

お金は社会で生きていく上で一番重要な要素となります。ほぼ全ての商品やサービスは、購入しなければ使うことができません。さらに国民の義務として納税が定められており全くお金を使わず生きることは不可能です。そ...

キャッシングのリボ払いの仕組みを把握する

キャッシングの返済方式は基本的にどの金融機関でもリボ払いになることが多くなっています。この支払い方式は国民生活センターへ多くの相談が寄せられているため危険で利用しない方が良いという認識を持った人も少な...

金利を意識するとキャッシングの価値が上がる

現状ある選択肢の中で、特に気軽に利用することができる借金の方法というのが「キャッシング」です。カードローン業者などを利用して行う借金を総称してこう呼んでいるわけですが、しっかりと基本的なことだけでも理...

キャッシングの利用枠の決められ方

キャッシングを提供している金融機関は多数あり、それぞれ利用可能枠の最大がいくらであるのか表示されています。高額の借り入れを検討している場合には重要になる要素ですが、申し込みの際に希望すればその金額まで...


コンテンツ

カテゴリー